TOP

 ようこそ

  掲示板BBS

 新作情報

に入りの飾

ックボ

きんたあそぼ

 ミニ 絵

真加工1

食事と運動カレンダー

 圧力鍋と料理

 お庭拝見 

 デンドロビウム

 ねこのみーちゃん

マイ裏技集

おまけ工作

 

 

料理目次  圧力鍋で和食  圧力鍋で洋食  加圧時間表 圧力 鍋の使い方 圧力鍋の注意 

和食  洋食  イタリアン  チーズ   中華   お酒  お菓子   献立帳 

簡単料理  低カロリ ー料理  御節料理  パーティ料理  郷土料理

  圧力鍋の使い方  鍋と付属品 注意点  入れてはいけないもの
 

 圧力鍋の使い方  鍋と付属品 注意点  入れてはいけないもの

シューシューしている間は ふたおもりロックに触らない

   よーく理解してから 実際に使ってみてください。

鍋と付属品
 
頑丈にできています。一般の鍋より少し重いですね。
ふた

 

圧力用蓋とガラス蓋のついているものもあるようです。加圧後、ガラス蓋があると、カレーなどルーを入れてから煮込む料理には、便利なセットです。
おもり 加圧中は、おもりがカタカタいうタイプとおもりをのせてセットするだけのタイプがあるようです。
安全ロック いきなり開けたりしないように、蓋を開ける時に ワンクッション多くなっているようです。
パッキン 圧力が逃げないようにしっかり密封するためのシリコン製のパッキンです。
掃除棒 蒸気口を掃除して、つまらないようにします。
中皿(メザラ) 蒸し物などに使います。

      

   言葉

急冷 鍋ごと流し台へ持って行き、水道水をふたの上から、約1分流します。熱いし重いので、手袋と気合が必要。
   
自然冷 しゅーしゅーしなくなるまでそのまま置いておきます。ふつうはこの冷めるまでの時間も調理時間と考えて計算するとよいです。
   
しゅーしゅー しゅーしゅーと蒸気が上がってきたらしゅーしゅーする程度に火を弱くします。

しゅーしゅーしているということは 圧力がかかっているということです。

しゅーしゅーしている時は、絶対にふたおもりを開けたりはずしたりしてはいけません。爆発したり、火傷の原因になりかねません。

    
使い方 
  1. まず 蒸気口につまりが無いことを確認します。
  2. おもりをセットします。
  3. ふたをして、安全ロックを確認。
  4. 火にかけます。最初は強火。
  5. シューシューしてきたら、火を弱くして、そこから時間を計ります。
  6. 火を止めます。
  7. 充分減圧してから、ふたを開けます。 (シューシューしているうちは絶対にふたを開けてはいけません)=爆発したり、火傷の原因になります。ふつうはそのまま荒熱が取れてシューシューしなくなるまで放置します。

 

急いで冷ましたいときは・・・急冷  

 

急いでいても 絶対あわてないこと

 

注意点使い方を間違えるととても危険です。

  • まだ、しゅーしゅーしているときに、おもりをはずしてしまうと、中のものが飛び出してくるので、とても危険です。急いでいても、お水をかけて、冷やすことが必要です。

  • 10分に付き約200ccのお水が必要。

  • 空焚きは、パッキンを炒める原因になる。

  • 加圧時間は、タイマーで測る。

  • 蒸気がしゅーしゅーしているときは、蒸気に触れないように。やけどの危険があるのでご注意ください。

  • 豆料理は、特別。豆とお水をあわせた量が鍋の深さの4分の1までが最大。

  • 豆以外の材料でも材料と煮汁の合計が鍋の深さの3分の2以下にする。(鍋によっては、中に限界ラインが書いてある)

 

入れてはいけないもの

  • 重曹、多量の油、多量の酒は、入れてはいけません。

  • カレールーなどとろみの強いものは、蒸気穴を詰まらせて、爆発恐れがあるので、ルーは、加圧後減圧して、ふたを開けてから、入れるようにします。

  • ルーを入れてからは、加圧してはいけません。

  • 麺類、パスタなど、泡立つものはいけません。

  • 牛タンのような皮膜に覆われたものは、いけません。

  • ちくわ、はんぺん、ちくわぶ、もち など膨らむものは、いけません。

top

安全に たのしく 素早い 美味しい料理を作ろう!